全国製菓衛生師養成施設協会ニュース - VOL.80

TOP > 協会ニュース > VOL.80

令和2年度 通常総会が開催されました。

令和元年度 通常総会(書面によるみなし決議)が開催されました。

令和元年度の通常総会は、新型コロナウイルスの感染防止の観点から書面によるみなし総会となりました。
令和2年6月19日(金)をもって、以下の議案及び報告事項が承認されました。
役員全員任期満了に伴い役員改選も行われ、新しく会長に植木砂織氏、副会長には廣瀬道氏、水野博氏が就任しました。また前会長の佐俣俊彦氏は顧問に就任することになりました。

第1号議案 令和元年度 事業報告

通常総会及び3回の理事会を開催した。
協会組織の拡充と運営の強化については、年度内の新規加入校は1校、退会校は2校で年度末の会員校は84校となった。
また、各事業委員会からの報告は以下の通り。

  • 研修事業委員会
     製菓技術研修会、およびパティスリーラッピングブラッシュアップ講習会を実施した。
  • 出版事業委員会
     2019年版「製菓衛生師教本」、「これで合格製菓衛生師試験問題集2019」、「パティスリーラッピング教本」の販売、採用促進を図った。
    出版委員会を組成し教本の改訂内容を検討し、2020年版「製菓衛生師教本」を出版し会員校、各都道府県等への販売を実施するとともに、「これで合格製菓衛生師試験問題集2020」及び「パティスリーラッピング教本」を出版し、販売・採用促進を図った。
  • コンクール事業
     第12回技術コンクール全国大会を開催した。
     予選出場者は17校78名、決勝出場者は15校56名。
  • パティスリーラッピング資格認定委員会
     パティスリーラッピング教育普及のため、指導者講習会を行った。
     令和2年3月31日現在、教育施設認定校数は26校、指導者認定者数は59名で、令和元年度資格認定者数は19校572名となった。
  • 広報委員会
     協会ホームページの充実を図り、協会ニュースの配信を行いました。
  • 教育奨励事業
     会員校の卒業者を対象に協会長賞及び技能奨励賞(金・銀・銅賞)を交付した。

第2号議案 平成30年度 決算報告及び会計監査報告

令和元年度決算報告を行った。併せて監事より監査報告があった。


第3号議案 役員選任

役員全員任期満了につき、役員の選任を行う。

令和2年度事業計画及び予算について

令和2年度の会議の予定を示した。
協会組織の拡充と運営の強化については、4月に2校の入会があり会員校は86校となった。
各事業委員会からの事業計画が説明は以下の通り。

  • 研修事業委員会
     学習指導に関する研修会企画、学校経営に関する研修会企画、その他研修会の企画・運営を検討します。また、協会認定指導者(仮称)の認定講習会を実施するため、実技講習を取り入れた新たな研修会を構築する。
    研修事業として今のところ以下の研修会及び講習会の実施を予定。
    (1)令和2年度 第1回製菓技術研修会
    日 付:令和2年8月6日(木)
    会 場:東海調理製菓専門学校
    内 容:
    (1)午前 ○洋菓子応用
         テーマ、実習内容…検討中      講師:大手前栄養製菓学院専門学校 松井 博司 先生
    (2)午後 ○飴を使った製品
         講師:東海調理製菓専門学校 塚田 悠也 先生
         ○第13回技術コンクールの説明
         …第12回を踏まえた実施要領の説明
         講師:未定
  • 出版事業委員会
    ・「製菓衛生師教本」「製菓衛生師試験問題集」及び「パティスリーラッピング教本」の採用促進を図る。
    (1)製菓衛生師教本2020年版」販売開始
     ・新しい販売先の開拓
    (2)教本2021年版の制作・・・2020年版のマイナーチェンジにとどめる。
      各都道府県の製菓衛生師試験の研究を行ない、「製菓衛生師試験問題集」(2021年版)を出版する。
    (3)今後の出版体制の検討
     ・出版委員の委嘱
     ・修正箇所の確認及び各担当箇所の精査体制
    (4)指導要綱(実習)の作成検討
     ・学生が修得すべき基本技術について、教員が共通認識を持つ。
  • コンクール事業
     製菓衛生師養成施設技術コンクール全国大会の企画、運営を行う。
    昨年度に引き続き、第13回技術コンクール全国大会を洋菓子部門・和菓子部門で実施する。
    <予選>
     レシピ審査受付期間:令和2年9月10日(火)~令和元年10月9日(金)まで
    <決勝>
     開催日程:令和3年2月6日(土)・2月7日(日)2日間
     開催場所:宮城調理製菓専門学校(宮城県仙台市)

    今後のコンクール開催校
    第14回、15回 国際フード製菓専門学校
  • パティスリーラッピング資格認定委員会
     パティスリーラッピング検定試験実施校の拡大を図るための指導者講習会および認定指導者の知識、技術の向上を目的とするブラッシュアップ研修会を実施する。
    (1)パティスリーラッピング研修会
    日  付:令和2年8月6日(木)
    開催場所:東海調理製菓専門学校
    (a)初任指導者研修
      内容:検定制度 パティスリーラッピングの基本
      講師:水谷 隆子 先生(神戸国際調理製菓専門学校講師 色彩コーディネーター)
    (b)ブラッシュアップ研修会(指導者の登録有効期限3年更新研修)
      内容:基本事項の再確認と応用技術の習得
         さまざまな形の合わせ包み、折り返し包み、プリーツ包みや籠ラッピングとリボンテクニックなど、より高度なラッピング技術を身につける。
      講師:小泉 昌代 先生(商業ラッピング協会静岡県認定講師・色彩コーディネーター)
  • 広報委員会
     1.協会ホームページの充実について
      会員校の学校紹介の強化と会員校よりの情報提供をもとに、新規情報を配信する。
     2.協会ニュース(ホームページ)の配信について
      ホームページを通じて各種情報を配信する。
  • 正会員教職員表彰について
     正会員教職員の功労者に協会会長表彰及び協会会長感謝状を授与。
     令和元年度は協会会長表彰3人、協会会長感謝状1人の推薦があり、6月に表彰する。
  • 教育奨励事業について
     会員校の卒業者を対象に協会長賞及び技能奨励賞(金・銀・銅賞)を交付する。
  • その他
    ・祝文の発送
     会員校の入学式・卒業式における協会長名の祝文を、全会員校に発送する。
    ・「新型コロナウイルス」への対応
     学校経営への影響を分析し、対応策を提案していく。

  • 予算

     令和2年度予算を示した。

    ご意見・情報提供に関しては、info@zenkakyo.jpまでお願いいたします。

    お問い合わせ情報はこちらからアクセスしてください。

    このページの先頭に戻る